人工妊娠中絶同意書とは

人工妊娠中絶同意書について

この頃、若者の間では草食系というものが存在しているらしいのです。
特に対象は男子について言っている場合が多いみたいです。

 

草食系と対照的なものとして肉食系があります。
一般的には、野生動物について区別する場合に使い分けると思いますが人間の場合にはどういう意味があるのでしょうか?

 

肉食系の場合には、とにかくガツガツと女性に対して邁進するタイプなると思います。
夜の街に出ては、ナンパなどしたりとにかく自分のお気に入りの子がいたら積極的にアプローチする人達です。

 

肉食系とは対照的なのが、草食系です。
とにかく女性との付き合いは消極的です。
中にはデートするのが面倒で、自分一人で家で遊んでいた方がいいという男性も多くなって来ているのです。

 

草食系が多いのが今の現在の特徴ではないでしょうか?

しかし、こんなご時世においても男女の中はいろいろあるものなのです。
肉食系においては夜な夜な女性を求めている人もいるでしょう。
また草食系においても性欲が無い訳ではありません。
女性と知り合ってセックスの快楽を求めるのならば、やはり女性との関係においてセックスは不可欠な存在となるのです。

 

 

快楽の結果?

 

このように遊んでいても、将来の事を考えてきちんと避妊をしている人は多いと思います。
避妊は女性ばかりが気をつけるのではなく、どちらかと言えば男性の方がしっかりと避妊を先導しなくてはいけません。

 

女性の方も男性に避妊を言う事に消極的な人もいるみたいですが、男性に避妊を委ねるのではなく、女性から積極的な避妊方法を男性に伝えなければいけません。

 

注意深く避妊を気をつけている人がいる一方で、あまり避妊はしないという人もいます。
子供が出来てもいいという事ではないのです。
ただ、一時的な快楽に溺れて多分大丈夫だろうという気持ちでセックスする人が多いのもまた事実なのです。

 

その結果として、自分たちの意に反して妊娠してしまう場合があるのです。

 

 

人工妊娠中絶するには、人工妊娠中絶同意書が必要

 

妊娠してるということがわかってから、人工妊娠中絶しようという決断に至るまでにはいろいろなことを考えて検討する事になると思います。
中には、一人でも産んで自分で育てていこうとする人もいる事でしょう。

 

しかし、将来の事や経済的な事を考えて中絶を選択する人もいると思います。
中絶手術を受ける場合には、いろいろ用意や精神的な準備も必要になります。

 

その中でも、人工妊娠中絶同意書は知らない人も多く自分一人で人工妊娠中絶をしようとする人はびっくりするかもしれません。

 

人工妊娠中絶同意書とはどういうものなのかを説明したいと思います。

 

 

人工妊娠中絶同意書>について

 

日本における医師法という法律上、人工妊娠中絶をする場合には相手の男性の同意書が必要になっています。
ただし、下記の場合において必ずしも同意書が必要であるということではありません。

 

 

相手がわからない、連絡がとれない場合
これは初対面でセックスしてその場で別れたり、インターネットでの出会いにセックスにいたりその後相手との連絡が取れなくなった場合など

 

強姦などによる妊娠や相手が死亡または行く不明になっている場合

 

妊娠本人が未成年で相手も未成年で明らかに養育能力に欠ける。
また、上記以外にも以下のようなケースの相談を受けます。 それぞれ対応が可能ですので詳細は受付でご相談ください。

 

相手が遠方で、郵送もFAXも出来ない状況にある。

 

その他にもいろいろ状況があるみたいです。

 

また未成年の場合には、相手の男性とは別に原則、保護者の同意も必要となります。

 

 

人工妊娠中絶同意書の内容

人工妊娠中絶同意書は下記のような内容になっています。

 

本人と同意者、保護者(未成年の場合)の住所・氏名・年齢・電話番号
緊急時の連絡先
署名・捺印も必要になっています。

 

意に反して妊娠してしまった人の中には、このような人工妊娠中絶同意書の存在を知らなかった人も多い事と思います。

 

相手がわかっていても、相手に妊娠した事を言う勇気がないという人も多いようです。
また相手に妊娠した事を告げても、相手が同意しようとしないという人もいます。
中には、自分の子供ではないという人もいるようです。

 

このように人工妊娠中絶を行うためには、いろいろなハードルがあるのです。
またこれらのハードルを乗り越えても、さらに人工妊娠中絶の手術費用も妊娠何週目で変わって来てしまいますので、それによって経済的な負担も多くなって来てしまうのです。

 

さらに、人工妊娠中絶ということでの精神的にも肉体的にも負担がのしかかってくるのです。
これらはいっぺんに解決しようとしないで、一つ一つ解決していく事が重要だと思います。

 

まずは最初として、人工妊娠中絶同意書書を用意いたしましょう。
未成年の人も保護者に相談して、同意してもらわなければなりません。

 

人工妊娠中絶同意書が出来れば、次にこころの整理です。
友達や両親などに相談する事も不可欠なのです。