人口妊娠中絶の費用について

人口妊娠中絶の費用はどのくらい?

自分では思ってもみなかった妊娠という事実を知って、誰しもしばらくは呆然としてしまうものではないでしょうか?

 

あの時しっかりと避妊しておけばと思っても、時計を元に戻す事は出来ないのです。
避妊を油断したために妊娠した場合の代償は大きなものがあると思います。

 

意に反しての妊娠の場合においては、選択は二つだけです。
まずは、産んで育てていく事を選択するかまたは人工妊娠中絶をしてしまうかです。

 

産んでいく場合には、相手の男性も同意して一緒に育てていくか、または自分一人で育てていくかということになります。
自分一人で育てていく場合においては、相手の男性から養育費等の経済的な援助を得られればいいのですが実際にもらっている人は多くはないと思います。
この場合の経済的な負担はかなりのものだと思います。

 

一方で、

style="color:#0A15FF">人工妊娠中絶を選択した場合の費用についてみてみましょう。
この場合においては。妊娠の期間により費用は大きく変わって来てしまいます。

 

 

人工妊娠中絶の手術の場合においては、診察の方では保険は適用されますが手術の費用は自費でまかなわなければなりません。
そのために高額なってしまうのです。

 

 

妊娠12週未満の初期の場合
中絶費用の平均相場は7万〜15万円程度になります。
この初期の期間においてもまた費用は変わってくるのです。

 

妊娠12週目以降の中期の場合
中期になると、人工妊娠中絶の費用は一気に高くなって 20万〜50万円となってしまうのです。

 

この他にも検査等があれば1〜2万円程度かかりますし、入院等になればさらにアップしてしまうのです。

 

人工妊娠中絶の費用としては上記のような内容ですが、やはり人工妊娠中絶という性質上かなりの精神的な負担がかかってしまうために、出来れば心療内科などにかかることもおすすめいたします。

 

人工妊娠中絶手術を行うためには、人工妊娠中絶同意書が必要となります。
これは相手の男性の同意が無ければ、人工妊娠中絶は出来ない事になっているからです。

 

この場合、相手と連絡が取れないとか、死亡している場合など同意書が必ずしも必要でない場合もあります。

 

人工妊娠中絶は妊娠初期か中期かで経済的な負担や、母体への負担などがかなり変わって来てしまいます。
人工妊娠中絶を決断したのならば、早めの手術が負担が少なくていいと思います。

 

もちろん、女性側が一人で行動してはいけません。
相手である男性側の協力も必要な事を忘れないでください。